ゼミ紹介


Notice: Undefined index: toc_min_h_count in /home/sites/heteml/users/i/g/u/iguchizemi/web/machiken.com/wp-content/themes/dp-colors/inc/scr/toc.php on line 11

Notice: Undefined index: toc_position in /home/sites/heteml/users/i/g/u/iguchizemi/web/machiken.com/wp-content/themes/dp-colors/inc/scr/toc.php on line 19
  1. 井口ゼミの活動内容・目的

様々なクリエイティブなプロジェクトを企画・評価・提案する際に必要となる専門知識・技法を身につけるためのゼミ。
アカデミックな取り組みはもちろんですが、何よりもそれを自分自身の就職活動に結び付け、しっかりと成果・結果を出すことを目的としています。

このゼミの強み

・大学ではなく、社会で求められるプレゼン技法を身につける。
・企画書作りに必要な調査力だけでなく、分析力をも身につける。
・ゼミOBOG200人のネットワークを通じて就活を成功させる。

教員紹介

井口先生プロフィール画像井口典夫 Iguchi Norio
青山学院大学総合文化政策学部教授
1956年東京都渋谷区神宮前生まれ。1980年東京大学卒業後、国土交通省入省。1994年に青山学院大学(経営学部)に移籍。2007年同大学社学連携研究センター所長、2008年同大学総合文化政策学部、2017年から青学TV編集室長。著書に「青山文化研究」(2011年宣伝会議)、「ポスト2020の都市づくり」(2017年学芸出版)、訳書に「クリエイティブクラスの世紀」(2007年ダイヤモンド社)、「クリエイティブ都市論」(2009年ダイヤモンド社)、「新クリエイティブ資本論」(2014年ダイヤモンド社)など。専門分野はクリエイティブ経済論、創造都市論。日本文化政策学会、文化経済学会、日本アートマネジメント学会の理事をはじめ、国土交通省など政府・自治体の各種委員会委員長等を歴任。東京の都心を中心に数多くの都市再生プロジェクトや文化発信イベントを手掛ける。一般社団法人国際文化都市整備機構(FIACS)専務理事、NPO渋谷青山景観整備機構(SALF)理事長、NPO明日の神話保全継承機構理事、東京都歴史文化財団運営諮問委員などを兼務。

〜井口教授への講演依頼・お問い合わせはこちらから〜

研究テーマ

クリエイティブな活動等の社会経済的価値を客観的に評価・分析します。 本ゼミの目指すところは、現代におけるクリエイティブな活動等の中からテーマを選び、科学的な調査技法や分析手法を駆使しつつ、その社会経済的な価値について客観的に評価・分析することにあります。
具体的には担当教員(井口)が参画・リードする様々なプロジェクト(例えばイベント・放送・広告・アート・コンテンツビジネス等の分野)と連携してテーマを絞り込み、アカデミックなリサーチによる評価・提言とその実際面への反映に寄与していきます。

教授より

君たちは何を学ぶために総合文化政策学部に来たのか。あるいは学部の大多数の先輩が卒業を前にして4年間を振り返るとき、何を学べたことが財産だと言っているか。その答えは、間違いなく「プロジェクト実習」であろう。
本ゼミは、それらプロジェクト実習での活動を君たちの将来、即ち就活につなげるためのアカデミック面でのサポートをすることを目的としている。実際、さしたる専門性のない総文生一般は、就活で大苦戦している。就活に成功できなければ何のための4年間だったのか。皆さんはもちろん、ご両親が悲しむであろう。

そこで青山学院大学において20年以上の歴史を持つ本ゼミでは、OB・OG約200人および担当者(井口)の各界の人脈を総動員し、君たちの就活を成功に導くあらゆること(調査研究、プレゼン、論文執筆、SPI対策、面接対策等)を実施する。
必然的に、本ゼミに所属する学生は、担当者(井口)の関わる6つのプロジェクト(クリエイティブプロジェクト・放送プロジェクト・広告プロジェクト・電通プロジェクト・東北新社プロジェクト・NHKプロジェクト)のいずれかに所属してもらうことになる。

プロジェクト実習で、現実のプロジェクト体験を積み、ゼミでは就活をイメージしながらアカデミックなリサーチによるプロジェクトの評価・提言等に取り組む、というシステムだ。この3年間で、君たちの今後の人生は大きく変わるであろう。
その他、渋谷・青山エリアの街歩き、春・夏の軽井沢合宿、OB・OG会との交流(就職ガイダンス)など年間行事も盛んだ。うち合宿は全員参加が義務となっているので、忘れないでほしい。
%e8%8a%9d%e7%94%9f